2008年1月27日日曜日

PHPTAL 1.1.10 リリース

PHPTAL 1.1.10 released

* SPLインターフェイスの ArrayAccess と Countable のサポート
* added support for Countable and ArrayAccess SPL interfaces
tal:repeatでのイテレーターサポート強化、TAL_PATH式でのイテレーターのサポート(配列と同じように利用可能になったっぽい)

* スーパーグローバル変数のサポート
* added support for superglobals in php: TALES expressions,
php:_SERVER['PHP_SELF']のような記述法でテンプレート内でスーパーグローバル変数を利用できる。

* 標準のテンポラリファイルのディレクトリの取得に sys_get_temp_dir() を使うように変更。標準以外で使うためには、今まで通りPHPTAL.phpを読み込む前に定数に設定。
* changed default temp directory to use sys_get_temp_dir() . If this causes trouble, you can override it using define('PHPTAL_PHP_CODE_DESTINATION','/tmp/');

* PHPコードでのエラーが原因となるテンプレートの無効化を防ぐためにコード作成時とマクロ実行時のセーフティチェックを追加。
* added additional safety-checks to code generation and macro execution to prevent invalid templates from triggering PHP errors,

* XMLパーサーのバグ修正
* fixed small bugs in XML parser,

* 一部のエラーメッセージの内容の正確性の向上とエラーファイル・エラー行の報告の追加
* fixed few error messages to be more precise and report proper file/line,

* すべての例外を例外をPHP標準の例外からPHPTAL専用の例外処理に変更
* changed all exceptions thrown by PHPTAL to inherit PHPTAL_Exception.