2007年11月7日水曜日

rico.js 20.b3 を使ってみる2

昨日の続き

includeでどう呼び出すか?と悩んでたけど、モジュール単位で呼び出してくれる Rico.loadModule のほうがよさそうなので、とりあえずそれを使ってみる。
--モジュール名は Rico.moduleDependencies参照
--内部的にモジュールの配列分解 → include してるので、ファイル名書く手間とどのファイルが影響してるか考える時間が減るだけ

Rico.loadModule('Corner');
Rico.onLoad(function() {
Rico.Corner.round.bind(Rico.Corner);
Rico.Corner.round("leftBox", {corners:"all",bgColor:"red",blend:false} );
Rico.Corner.round("rightBox", {corners:"all",bgColor:"red",blend:false} );
});

こんな感じで読み込める。関数呼び出しは Rico.onLoad 内じゃないと動かない・・・?



普通に Script タグで呼び出して使うのと使い勝手が全く変わってくるけれども、どっちがどんな感じでいいのかわからないから、もう少し調べてみようと思う。

jQuery でもいいかなぁとか思いだしてたりもするけど